教育の特色
食育
  
給食での様々な取り組み

蔵前小の給食

 蔵前小の食育は、食育プログラムに沿って行っています。食育の中心は毎日の給食の時間に行い、子供たちにとって楽しみで心待ちにする給食を目指しています。さらに、食を大切にするために、マナーを守って楽しく食べられる雰囲気を作ることも大切にしています。

給食
  
かむかむデー

かむかむデー

 給食では、「かむかむデー」が月に1回あります。かむかむデーでは、よく噛んで食べる食材を用いた給食を出しています。食事の中で、献立の内容やよく噛むと良いことなども教えています。
1月のメニュー
ドライカレー・12品目のサラダ・りんご・牛乳

  

ふれあい給食

 毎年、子供たちの祖父母を招待して一緒に給食を食べる「ふれあい給食」があります。ふれあい給食では、5年生が米づくりで収穫したお米も使っています。祖父母や先生と一緒に給食を食べながら、楽しく豊かな時間を過ごしています。

ふれあい給食
  
ごはん

給食にて

 玄米、半搗き米(五分搗き米)、精米の食べ比べをします。ふれあい給食では、祖父母にも味わってもらいます。かむかむデーの給食では、五分搗き米として出し、よくかんで米の味を味わってもらいます。

  
食育の授業

食育の授業を通して

 蔵前小では、栄養教諭と担任が協力して、食育の授業を盛んに行っています。食べ物を栄養面から分類したり、栄養素の役割を学習したりします。また、栄養のバランスから給食や普段の食事を見直す活動もしています。これらの授業を通して、食に対する子供たちの興味・関心を高めています。

 以下から、文部科学省による食育のサイトへ移動できます。(別ウィンドウが開きます)

 以下から、理研による「授業での食育」サイトへ移動できます。(別ウィンドウが開きます)

授業の様子
  
お弁当作り

お弁当作り

 高学年では、給食を自分のお弁当箱に詰め、主食・主菜・副菜のバランスを確かめるお弁当バイキングをします。その後、家庭科の学習につなげて、自分で調理した副菜2品を詰めるオリジナル弁当にも挑戦します。

  

バイキング給食

 高学年では、バイキング形式で給食を食べる「バイキング給食」もあります。好きなものだけでなく、バランスよく取ったり、マナーを意識したりすることを学習します。また、先生をお客として招待し、もてなすことも学びます。

バイキング給食