忍岡小学校第一校歌【旧校歌】   
 忍岡尋常高等小学校
      作歌 木村正辭
   作曲 上 眞行
   制定(認可)明治26年(1893)2月18日
     
 忍岡に植えそめし  教え草こそ繁るなれ   繁る小草は大御代の
 恵みの露をいただきて  花も咲きつつ実を結び  栄え行くこそめでたけれ
     
  旧校歌の制定時期について、都内の小学校において最も古い可能性があり、本校同窓会が調べたところ、東京都教育庁より以下の回答を得ました。「創立時期が古い小学校の中には、統廃合により元々の校歌制定時期が不明になったり、昭和になってから校歌を変更したりした学校があるようですが、現存する校歌については、忍岡小学校の制定時期である明治26年以前に校歌を制定した都内の公立小学校は確認されませんでした。」なお、日本大百科全書(小学館)に、「日本で最も古いものとしては、東京女子師範学校(現お茶の水女子大学)で、皇后から下賜された和歌を1878年(明治11)式部省学部の東儀季煕(すえひろ)が作曲し、校歌として歌われた記録がある。」との記述があることから、お茶の水女子大学付属小学校に問い合わせたところ(教育庁)、「小学校から大学まで共通した校歌があり、明治11年に制定された。」との回答がありました。 
   もどるボタン