校歌・校章

校歌
 
    森の上野の   静けさは     花にさきがけ 栄ゆるは
    我が学び舎の たてる丘      我が学び舎の 友ならん
    高き理想を    仰ぎつつ     ふかき希望を 抱きつつ
    もゆる息吹の かげろえる     泉のごとく  ほとばしる
        けなげにも             ほがらかに
        親しみつ               むつみつつ
    意気高々と  皆ゆかん       永遠にかがりは尽くるなく
    久遠の光   身にうけて     東叡の鐘   鳴りわたる

            金子瑞光 作詞  下総皖一 作曲
        
校章



 「校章の由来」

台東区の台の形を表す「五角形の菊の花弁」と上野名物の「桜花」の上に”中”をあしらったもの。これは生徒から募集し、決定した。
ちなみに、当時の都立上野中学(現 上野高等高校)の校章は、東京都の東の形からきた「六角形の菊の花」と”中”を組み合わせたものであった。