学力向上への取り組み(5教科)
平成29年度 授業改善プラン1年 2年 3年
<区研究協力学校としての取り組み(案)>
   英 語
ALTを交え、コミュニケーション活動を積極的に取り入れて授業を展開しています。 また、日常よりビンゴやゲーム活動を通して、自己表現をする機会を意図的に増やしています。
<英語を用いて、自分の考えや気持ち、事実や体験したことなどを聞き手(読み手)に正しく伝える表現力の育成を目指す>

   数 学
少人数クラスを編成して、きめ細やかな指導を目指しています。 授業では、計算の反復練習を行うことにより、基礎・基本の力を養うことと、 家庭学習の習慣を身につけることを目指しています。
<積極的な意見の交換や発表活動を通して、数学的に考察したり表現したりする能力を育成する>

   国 語
漢字シートを使って、漢字力、語彙力、書写力を高めるために、毎日漢字の練習をしています。 毎週、テストを行い、定着した力を確認します。「読書生活」の基礎を養うために、 一年間の目標として「読書一万ページ」を全校で取り組んでいます。
<国語の基礎・基本をおさえ、討論発表などを通じて伝え合う力を高め、言語感覚を豊かにする工夫>

   社 会
@小テストを単元毎に設定し、合格ラインに達成するまで追試を行います。また、授業中に映像から読み取る力を養い、記述によるまとめができるように指導しています。
A最後にeライブラリーで、授業で学んだ確認を行います。
<調査、討論などを通じて思考力・判断力・表現力を育てる>

   理 科
観察・実験を中心とした授業を展開しています。日常の自然現象に興味・関心をもつのみならず、「なぜだろう」「どうすれば調べられるだろう」 といった探求の心を身につけ、科学リテラシーの育成に努めています。 小テストや問題演習を積極的に取り入れ、基礎力・応用力をしっかりと定着させます。
<自然の事物・現象に進んで関わり、科学的な思考力・表現力を育てる工夫>