教育目標
学校の
教育目標
○よく考え、くふうする子
○なかよく助け合い、思いやりのある子 
○すすんで努力し、ねばり強い子
○明るく健康な子
人権尊重の精神を基調とし、心身ともに健康で人間性豊かな児童の育成を目指す。また、生涯学習 の観点に立ち、一人一人の個性や創造性を生かし、豊かな体験を通して社会の一員としての自覚や自 立的な態度を養い、未来の日本を担うこころざしと意欲を育てる。さらに、生涯にわたって自己実現 を図る態度や能力を育てるため、以下を教育目標として定める。
学校の教育目標を達成するための基本方針 ・学ぶ喜びが体得できる学校を目指し、ティーム・ティーチングや習熟度別少人数指導など授業の改  善に努め、児童一人一人に基礎的・基本的な内容の確実な定着を図る。  (基礎・基本の定着)
・国語科で習得した力を各教科等で活用し、伝え合って学び合えるよう言語活動を充実させる。 (言語力、コミュニケーション能力の育成)
・児童が主体的に学ぶ指導体制・教育環境の充実を図り、自ら学ぶ意欲や思考力・判断力・表現力を高める。  (自ら学ぶ意欲と喜び、指導法の改善)
・「道徳の時間」を要とした学校の教育活動全体を通して心の教育の充実を図り、自分を大切にするとともにあらゆる差別やいじめをなくし、他者を思いやる心をはぐくむ。 (人権尊重の精神・道徳心の育成)
・健康教育・食育・安全教育の改善と充実を図り、心身の健康や安全への関心を高めるとともに、生涯を通じ心身の健康の保持増進及び安全な生活を送る態度や能力を育成する。(心と体の健康・安全)
・地域の文化や伝統等に触れる魅力ある学習活動を通して、地域を知り地域を愛する心をはぐくむ。 (地域に根ざした学習活動を通した豊かな心の育成)
 ・勤労生産・奉仕的行事を通して社会貢献の精神を養い、地域社会の一員としての自覚を高める。  (社会貢献への意欲の育成)
 ・学校公開やホームページなど学校からの情報発信を充実するとともに、積極的に保護者や児童による学校の評価や学校関係者評価を実施し、保護者や地域社会・児童の願いを教育活動に生かす。 (開かれた学校づくりの推進