市川団十郎像

市川団十郎像
1936(昭和11)年
 

九代目市川団十郎は明治時代を代表する歌舞伎役者。「劇聖」と呼ばれた。完成度の高さから、朝倉が目指した肖像彫刻のひとつの到達点を示す作品だといってもよいだろう。

撮影:矢澤一之

 

 

 

 

 


メニュー

閉じる