大隈重信像

大隈重信像
1932(昭和7年)
 
朝倉文夫は大隈重信をモデルに三体の大作を制作している。この作品は早稲田大学に設置されている2体目の作品。本作について朝倉は「俺には三萬の子供があると云つて赤いガウンを着て得意満面な処を拵えたのである」と記している。
 
撮影:竹本春二

 

 

 

 

 


メニュー

閉じる