吊された猫

吊された猫
1909(明治42)年
第3回文展
 
出品記録に残る猫作品としては、最も初期の作品。出品当時は《猫》と題されいた。猫の首の後ろをつまむ腕と、その腕に持ち上げられた猫の一瞬をとらえている。

 

撮影:矢澤一之 

メニュー

閉じる