特別展「にごりえ」~樋口一葉が描いた光と翳~
平成29年1月29日(日)まで開催中!

takao002
(那珂川町馬頭広重美術館 蔵)
 
「にごりえ」作中、お力は自らを「高尾」と称しました。高尾とは、江戸時代に実在した才色兼備な遊女の名で、代々襲名されました。会期末まで歌川広重が描いた「高尾太夫図」を特別に展示し、一葉が描いた「お力」の姿をご紹介します。


実践女子大学『文芸資料研究所』と相互連携の協定を締結


メニュー

閉じる