展示のご案内

 

 

平成31年・令和元年(2019)

 3月19日(火)~4月7日(日)

季節展示「さくら・桜」
明治・大正時代の上野公園の花見の錦絵や写真など、桜にちなんだ資料を展示します。

 4月23日(火)~5月5日(日祝)

武者飾りの展示
端午の節句にちなみ、1階商家内に武者飾りを展示します。また資料館前には鯉幟を飾ります。

 4月26日(火)~6月9日(日)

祭礼行列人形・祭礼提灯の展示
下町の祭礼シーズンに合わせて、江戸時代の祭礼行列をあらわした総勢114体からなる祭礼行列人形を、また1階には祭礼提灯を展示します。

 6月1日(土)

衣替え
商家の暖簾、長屋の箪笥の着物など、夏物に衣替えします。

 6月21日(金)~7月7日(土)

七夕飾り
館内に昔ながらの飾りつけをした笹飾りを展示します。願い事を書く短冊もご用意します。

 7月中旬~8月末

夏の生活資料の展示
夏の風物や生活道具を展示します。また7月中旬には、1階駄菓子屋にかき氷かき器やラムネが、路地には風鈴売りがお目見えします。

 7月13日(土)~15日(月祝)

精霊棚の展示
お盆の期間には、1階銅壺屋に精霊棚(盆飾り)を展示します。

 10月1日(火)

衣替え
商家の暖簾、長屋の箪笥の着物など、冬物に衣替えします。

 9月13日(金) 十五夜
 10月11日(金) 十三夜

月見飾り
十五夜と十三夜には、1階商家内に月見飾りを展示します。

 11月8日(金)

鞴(ふいご)祭り
11月8日は、金属加工など火を使う職業の人たちの信仰を集める稲荷の祭り。この日、1階銅壺屋の鞴と稲荷にお供えをします。

 11月下旬~2月下旬

冬の生活道具の展示
1階の商家・長屋に陶製の手あぶり(火鉢)など冬の生活道具を展示します。

 12月下旬~1月中旬

江戸凧の展示
1階に橋本禎造作の江戸凧を展示します。また1階の商家・長屋には門松を飾りつけます。

令和2年(2020)

 1月2日(木)~1月下旬

正月関連資料の展示
正月を迎えた1階展示室は、大八車の積荷に「初荷」の幟が立ち、獅子舞や鏡餅が飾られます。また2階では、お宝絵や双六・羽子板など、お正月にちなんだ資料を展示します。

 1月21日(火)~2月9日(日)頃

地口行燈の展示
2月最初の午の日は、稲荷のお祭りの「初午」です。これに合わせて1階の長屋に地口行灯を飾ります。

 2月4日(火)

節分
節分には、1階展示室の商家と長屋の軒下に、柊と豆がらの枝に焼いたイワシの頭をつけた「やいかがし」を飾ります。

 2月中旬~3月3日(日)

ひな人形の展示
1階商家内に段飾りのひな人形を展示します。

 

 

令和元年度企画展
「下町の火事と防災 江戸から学ぶ火の用心」

令和元年7月2日(火) ~ 9月8日(日)  

  

チラシ 表            チラシ 裏

 

開館時間午前9時30分~午後5時30分
(入館は5時まで)
休館日毎週月曜日
(月曜祝休日の場合は翌火曜日)
入館料一般300円 小・中・高校生100円

 

◆◆◆ ギャラリートーク ◆◆◆

学芸員が展示内容の解説をいたします。

7月6日・13日・20日・27日、

8月3日・10日・17日・24日・31日、

9月7日

いずれも土曜日 午後2時~(20分程度)
 

 

令和元年度特別展
「『江戸風俗人形』の世界」(仮題)

令和元年12月7日(土) ~ 2年2月24日(月祝) (予定)

お楽しみに!


  

 

開館時間午前9時30分~午後4時30分
(入館は4時まで)
休館日毎週月曜日
(月曜祝日の場合は翌火曜日、1月2日は開館)
入館料一般300円 小・中・高校生100円

 

 

◆◆◆ ギャラリートーク ◆◆◆
 

 

 


メニュー

閉じる