年間展示予定のご案内

◆ 年間展示予定は変更される場合がございます ◆

【企画展】
31年3月12日(火)〜
6月16日(日)
みんなが見たい優品展パート15 中村不折コレクションから
歴史に名を残した日本人の書
 奈良時代から昭和時代まで、歴史に名を残した日本人の書を、書道博物館の収蔵品の中から一挙公開します。
元年6月19日(月)〜
元年6月24日(月)
展示替え・館内整備のため休館
【企画展】
元年6月25日(火)~
元年12月15日(日)
漢字のなりたち ー古代文字の世界ー
≪子供向け≫6月25日(火)~9月23日(月・祝)
≪大人向け≫9月25日(水)~12月15日(日)
 動物の骨や亀の甲に書かれた最古の漢字といわれる甲骨文字は、今から3500年ほど前に使われていました。2019年は、甲骨文字が発見されてから120年目にあたります。
漢字のはじまりである甲骨文字をはじめ、青銅器の文字や、秦の始皇帝が制定した文字など、当館が所蔵する古代文字の資料で、漢字のなりたちをわかりやすく紹介します。
元年12月16日(月)〜
2年1月3日(金)
展示替え・館内整備のため休館
【特別展】
2年1月4日(土)~
2年3月1日(日)
生誕550年記念 文徴明とその時代(仮称)
  明時代の中期に活躍した文徴明(1470~1559)は、蘇州における芸苑の領袖として君臨し、90歳の長寿を全うしました。文徴明の子や甥も書画を善くしたことから、文一族は後世にも多大な影響を与えました。海を隔てた日本も例外ではなく、江戸時代においても一世を風靡しました。
 2020年は、文徴明の生誕550年にあたります。17回目を迎える連携企画では、国内に現存する文徴明や同時代に活躍した書画に焦点をあて、文徴明の魅力に迫るとともに、後世に与えた影響を紹介します。
2年3月2日(月)〜
2年3月12日(木)
展示替え・館内整備のため休館
【企画展】
2年3月13日(金)~
2年6月14日(日)
みんなが見たい優品展 パート16 中村不折コレクションから
 16回目を迎える恒例のリクエスト展。アンケートでリクエストの多かった作品を、可能な限り組み込んで展示を構成します。


メニュー

閉じる