中村不折なかむらふせつのし・ご・と ―画家がかとして、書家しょかとして―

台東区立書道博物館企画展 <ruby>中村不折<rt>なかむらふせつ</rt></ruby>のし・ご・と ―<ruby>画家<rt>がか</rt></ruby>として、<ruby>書家<rt>しょか</rt></ruby>として―
中村不折なかむらふせつのし・ご・と ―画家がかとして、書家しょかとして―
平成30年9月26日(水) ~ 平成30年12月16日(日)
中村不折(1866~1943)の職業は画家であり書家でした。新聞挿絵をはじめ、明治の文士たちのブックデザイナーとして手がけた装丁や挿絵、財界や教育界で活躍した人の記念碑、商店の看板やロゴマークなど、今でも身近なところに息づいている作品がたくさんあります。本企画展では、不折が生涯にわたり制作し続けた作品を、館蔵品のなかから一挙に公開いたします。


11月3日は「書道博物館バースデー!」
平成30年11月3日(土・祝)に来館された方に、もれなくバースデープレゼントを進呈いたします。


ギャラリートーク「中村不折のし・ご・と」

(事前申込制)

日時 平成30年10月14日(日)
①10:00~ ②13:30~
平成30年11月18日(日)
③10:00~ ④13:30~
定員 会場が手狭なため、事前申込制で各回20名程度となります。
応募人数により、開始時間を調整させて頂く場合があります。ご了承下さい。
申込方法 往復はがきの「往信用裏面」に、郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢・希望日時を、「返信用表面」に郵便番号・住所・氏名を明記して下記までお申込下さい。1通のはがきで1名・1回の申込となります。聴講無料。ただし当日の観覧料が必要です。
申込先 〒110-0003 台東区根岸2-10-4 
台東区立書道博物館 ギャラリートーク係
締切 ①②平成30年 10月 6日(月) 必着
③④平成30年 11月10日(月) 必着

ワークショップ「不折の書に挑戦しよう!」

場所 台東区立書道博物館 新館(中村不折記念館)2階 会議室
日時 平成30年10月14日(日)
平成30年11月18日(日)
上記の開館時間中随時行っていますが、16:15までに会議室にお入りください。
注意 事前申込は不要ですが、当日の観覧料のほかに参加費100円(材料費)が必要です。


展示のご案内

展示のご案内

【1F 第1展示フロア-】
①不折書の石碑や銘文
【大型展示ケース】
1 遼東新報社長りょうとうしんぽうしゃちょう末永純一郎すえながじゅんいちろうくん 中村不折(1866~1943)筆/大正5年(1916)
2 西宮酒造にしのみやしゅぞう株式会社長かぶしきがいしゃちょう伊藤いとうくん徳碑とくひ 中村不折 筆/大正7年(1918)
3 堀越秀ほりこしひでし像銘ぞうめい 中村不折 筆/大正7年(1918)
【展示ケース】
4 上原先生うえはらせんせい懐徳碑かいとくひ 中村不折 筆/大正元年(1912)
不同舎ふどうしゃで学ぶ ー道路山水どうろさんすい
5 一日市場村ひといちばむら 中村不折 筆/明治20年代(1888~1896)
6 築地つきじ 中村不折 筆/明治20年代(1888~1896)
③水彩画
7 風景ふうけい 中村不折 筆/明治20年代(1888~1896)
8 ほん帽子ぼうしのある静物せいぶつ 中村不折 筆/明治20年代(1888~1896)
9 祖父像そふぞう 中村不折 筆/明治26年(1893)頃
④油彩画
10 自画像じがぞう 中村不折 筆/明治24年(1891)
11 あわれむべし自宅じたく写生しゃせい 中村不折 筆/明治26年(1893)
【2F 第2展示フロア-】
⑤新聞挿絵 ―子規との出会い―
12 十二支帖じゅうにしじょう(子規居士之写生しきこじのしゃせい) 中村不折 筆/明治42年(1909)
13 十二支帖(三蔵法師入竺さんぞうほうしにゅうじく) 中村不折 筆/明治44年(1911)
⑥日清戦争従軍記者 ―大陸旅行―
14 子規居士尺牘しきこじせきとく 上(1通目) 正岡子規まさおかしき(1867~1902)筆/明治28年(1895)
15 中国風景ちゅうごくふうけい(大連湾柳樹屯だいれんわんりゅうじゅとん) 中村不折 筆/明治28年(1895)
16 遼左画稿乙集りょうさがこうおつしゅう 中村不折 筆/明治28年(1895)
17 朝鮮画行ちょうせんがこう 中村不折 筆/明治28年(1895)
18 正岡子規像まさおかしきぞう 中村不折 筆/明治~昭和(19~20世紀)
⑦不折だけじゃない、根岸に集った偉人たち
19 堀場達太郎ほりばたつたろうあて書簡しょかん 小山正太郎こやましょうたろう(1857~1916)筆/明治29年(1898)
20 中村不折なかむらふせつあて書簡しょかん 陸羯南くがかつなん(1857~1907)筆/明治33年(1900)
21 きみ渡欧とおうおく短歌十章たんかじゅっしょう 伊藤左千夫いとうさちお(1864~1913)/明治34年(1901)
22 中村不折宛書簡 浅井忠あさいちゅう(1856~1907)/明治38年(1905)
23 吾輩わがはいねこデアル』挿絵さしえ 中村不折 筆/明治38年(1905)
24 漱石居士書翰そうせきこじしょかん 下(3通目) 夏目漱石なつめそうせき(1867~1916)/明治38年(1905)
25 述志之詩じゅつしのし 森鷗外もりおうがい(1862~1922)筆/大正4年(1915)
【2F 特別展示室】
⑧フランス留学 1 デッサン
26 裸体習作らたいしゅうさく 中村不折 筆/明治34年(1901)頃
27 裸体習作 中村不折 筆/明治35年(1902)頃
28 裸体習作 中村不折 筆/明治35年(1902)頃
29 裸体習作 中村不折 筆/明治35年(1902)頃
30 裸体習作 中村不折 筆/明治35年(1902)頃
31 裸体習作 中村不折 筆/明治35年(1902)頃
⑧フランス留学 2 油彩画
32 裸婦頭胸像らふとうきょうぞう 中村不折 筆/明治36~38年(1903~1905)
33 男子立像だんしりつぞう 中村不折 筆/明治36~38年(1903~1905)
34 男子立像 中村不折 筆/明治36~38年(1903~1905)
⑧フランス留学 3 歴史画
35 ダンテの地獄巡じごくめぐ 中村不折 筆/明治37年(1904)
36 せいセバスチャンの殉教じゅんきょう 中村不折 筆/明治37~38年(1904~1905)
⑧フランス留学 4 フランスのおみやげ
37 裸婦デッサン A・ロダン(1840~1917)筆/1904年
38 不法ふほうきみ J=P・ローランス(1838~1921)筆/19~20世紀
39 スケート P=A・ベナール(1849~1934)筆/19~20世紀
【2F 第2展示フロア- → 中村不折記念室】
⑧フランス留学 5 宿舎
40 欧行画報おうこうがほう 中村不折 筆/明治34~38年(1901~1905)
【中村不折記念室】
⑨中村不折のし・ご・と ―画家として―
◆油彩画
41 裸婦座像らふざぞう 中村不折 筆/明治39年(1906)頃
42 猗器ききいましめ 中村不折 筆/昭和16年(1941)
◆日本画
43 大黒天図軸だいこくてんずじく 中村不折 筆/大正13年(1924)
44 虎渓三笑図軸こけいさんしょうずじく 中村不折 筆/大正~昭和(20世紀)
45 豊干ぶかん寒山拾得図双幅かんざんじっとくずそうふく 中村不折 筆/大正~昭和(20世紀)
⑩中村不折のし・ご・と ―書家として―
46 龍眠帖りゅうみんじょう 中村不折 筆/明治41年(1908)
47 蘭亭序らんていじょ 稿本こうほん 中村不折 筆/大正元年(1912)
48 蘭亭序らんていじょ 中村不折 筆/大正元年(1912)
49 隷書李白五言律詩れいしょりはくごごんりっし戯贈鄭溧陽ぎぞうていりつようじく 中村不折 筆/昭和10年(1935)
50 座右銘ざゆうのめい 中村不折 筆/昭和10年(1935)
51 草書薛能七言絶句そうしょせつのうしちごんぜっく呉姫ごきじく 中村不折 筆/大正~昭和(20世紀)
52 草書七言二句軸そうしょしちごんにくじく 中村不折 筆/大正~昭和(20世紀)
53 きみじく 中村不折 筆/大正~昭和(20世紀)
⑪不折書『千字文』の出版から100年
54 楷書千字文かいしょせんもじ 稿本こうほん 中村不折 筆/大正7年(1918)
55 行書千字文ぎょうしょせんもじ 稿本こうほん 中村不折 筆/大正7年(1918)
56 草書千字文そうしょせんもじ 稿本こうほん 中村不折 筆/大正7年(1918)
57 楷書千字文文かいしょせんもじもん 中村不折 筆/大正8年(1919)
58 行書千字文文ぎょうしょせんもじもん 中村不折 筆/大正8年(1919)
59 草書千字文文そうしょせんもじもん 中村不折 筆/大正8年(1919)
⑫不折のブックデザイン
60 装幀そうてい 中村不折 筆/明治~昭和(19~20世紀)
⑬書道博物館創設へ
書道博物館建設中の写真 昭和10年(1935)

書道博物館本館(第1・3・4・5展示室)では、玉器・陶器・瓦当・石碑・墓誌銘・仏像・甲骨文・青銅器・璽印など、日本および中国書法史上特に重要な金石類に見られる文字資料を常設展示しています。ここでは主な展示作品をご紹介します。


【第1展示室 1F 】石碑・墓表・仏像など、大型の作品に見られる文字資料を展示しています。
石 碑 題額・本文・台座をそなえる石。この様式でないものを刻石あるいは碣と呼ぶ。
隆命刻石(前漢/前3~1世紀)
冢土断碑(後漢・光和年間/178~183)
石 経 儒教の経典を刻んだ石。
三体石経(第三石)(三国(魏)・正始年間/240~248)
三体石経(第五石)(三国(魏)・正始年間/240~248)
造像碑 仏像を彫刻した石碑。
高洛周等造像碑(北魏・正始元年/504)
功起君等造像碑(東魏・武定3年/545)
墓 表 埋葬した墳墓の目印として地表に建てた石。
呂憲墓表(五胡十六国(後秦)・弘始4年/402)
仏 像 故人の供養や来世の安穏などを祈願して作られた。第1展示室の仏像は大型のもの。
三尊仏石像(北魏・武泰元年/528)
阿弥陀仏坐像(唐・景雲2年/711)

【第3展示室 1F】漢~唐時代の建築資材や、墳墓の副葬品などに見られる文字資料を展示しています。
玉 器 古代中国において特に尊ばれた宝石。装飾品や印などが作られ、儀式などに用いられた。
(殷/前16~?前11世紀)
(漢/前3~3世紀)
鎮圭 琬圭 玉戚 玦 玉魚(以上 周(前12(前11?)~前3世紀)
陶 文 陶器の破片に見られる文字を陶文という。印が押されたものや、刻まれた文字が見られる。
土製の人形や馬、牛車などの模型。死後の世界で実体化し、死者を助けると信じられた。
牛車(漢/前3~3世紀)
婦人立像(唐/7~10世紀)
馬の塑像(唐/7~10世紀) など
仏 像 第3展示室の仏像は、死者と共に墳墓に埋葬されたため、小型に制作されている。
菩薩半跏像(東魏・武定2年/544)
七仏像(隋・義寧元年/617) など
鮑綦造塔記 (北魏・太平真君3年/442)
北魏時代最古の石刻資料。現存するのは台座のみ。
札や遊戯などに用いられた。一字ずつ文字が刻まれている。これは明時代のもの。
レンガに相当する。装飾的な文字や文様、画像などを施して建造物や墳墓の壁面などを飾った。
急就章塼(後漢)子供の文字学習用に作られた文章『急就章』の冒頭が見られる貴重な資料。
永元塼(後漢・永元6年/94)
永寧塼(後漢・永寧元年/120) など
瓦当文 建物の屋根の軒先にある筒瓦の先端部分。ここに縁起の良い語句や紋様が装飾的に施されている。
饕餮文瓦当(春秋戦国)
瓦当「万歳冢当」(後漢)
瓦当「長楽未央」(後漢) など
熹平石経残石 (漢・熹平年間/172~178)
儒教の経典を刻んだ石碑の作例としては最古。
墓 誌 故人の役職や業績などを刻み、棺とともに墓中に埋めた石・塼。
司馬昇墓誌銘(東魏・天平2年/535)
劉浩墓誌銘(唐) など

【第4展示室 2F】古代中国で制作された青銅器に見られる文字資料などを展示しています。
青銅器 青銅で作られた古代中国の祭器。形によって名称は異なる。これらに見られる文字を金文という。
煮炊き用の器。 ?穀物を盛る器。
楽器。 水を受ける器。
酒を温めて注ぐ器。 酒を入れる器。
酒や水を入れる器。
武 器 実戦や祭祀で使用。
【重要美術品】(秦/前3世紀頃) など
墓 券 墓地を購入した権利書。細長い鉛の金属板に刻んだものや、肉筆のものがある。
延熹四年墓券(漢/前3~3世紀)
光和元年墓券(漢/前3~3世紀) など
板 碑 死者の供養、追善などの目的で建てられた塔婆(石塔)の一つ。板状であることからこの名がある。

【第5展示室 2F】甲骨文、鏡鑑、陶瓶、璽印、文房具、日本の文字資料などを展示しています。
甲骨文 現存最古の漢字資料。殷時代後期に行われた、亀の腹甲や牛の肩胛骨を用いた占いの記録。
陶 瓶 土製の甕。漆による肉筆の文字が見られる。古代の日常的な文字の姿を示す重要な資料。
熹平元年十二月瓶(後漢・熹平元年/172)
【重要美術品】永寿二年三月瓶(後漢・永寿2年/1569) など
鏡 鑑 鏡として、そして祭祀にも使用された。表面の装飾や文字に時代ごとの特徴がみられる。
【重要美術品】神獣鏡(三国(呉)・建興年間/252~253)
【重要美術品】獣首鏡(三国(魏)・甘露5年/260) など
璽 印 官印(役所用)と、私印(個人用)の印章。明時代からは印をほる篆刻芸術が盛んになる。
文房四宝の一つ。煤と膠(動物性たんぱく質)を練って型入れし、乾燥させたもの。
古墨 李文奎製(北宋・宣和年間/1119~1125)
青紫墨 程君房製(明・天啓元年/1621) など
文房四宝の一つで、墨をする道具。陶製のものや、石製のものがある。
陶硯(漢/前3~3世紀)
古温州石硯(唐/7~10世紀)
蘭亭硯(宋/10~13世紀) など
経 筒 経巻を収納し、地中に埋めて供養するための容器。材質は銅、陶製などがある。
柄香爐 僧が手に持って献香するためのもの。
上部二つの穴にひもを通して吊るし、打ち鳴らす仏具。鉄製や銅製が多い。
鰐 口 祈願のために鳴らす道具。鰐の口に似ているため、この名称がある。


メニュー

閉じる