「拓本とその流転」

「拓本とその流転」展示一覧 「拓本とその流転」
東京国立博物館 平成館
企画展示室においても同テーマで開催
前期展示/ 前期展示: 3月15日(火)~4月17日(日)
前期展示/ 後期展示: 4月19日(火)~5月15日(日)
表示のない作品は全期間(3月15日~5月15日)展示。
※21:「十七帖(上野本)」は3月15日(火)~3月21日(月)の展示となります。
本特別展は、書の学習において最も基本となる中国の著名な拓本を、その流転にも目を向け、さまざまなエピソードをまじえて紹介します。原石がすでに亡佚した貴重な唐拓・宋拓や、王羲之の名品など、世界有数の拓本が一望できる内容となっています。

※文章、画像の転載は固く禁じます!




【1F 第1展示フロア-】
大型展示ケース
番号 展示
期間
作品名 筆者/成立年代 所蔵機関
1 前期展示 開通褒斜道刻石 後漢・永平9年(66) 大阪市立美術館
2 前期展示 開通褒斜道刻石 後漢・永平9年(66) 台東区立書道博物館
3 前期展示 開通褒斜道刻石 後漢・永平9年(66) 台東区立書道博物館
4 後期展示 天発神讖碑 三国(呉)・天璽元年(276) 大阪市立美術館
5 後期展示 天発神讖碑 三国(呉)・天璽元年(276) 東京国立博物館
6 後期展示 天発神讖碑 三国(呉)・天璽元年(276) 台東区立書道博物館

【1F 第1展示フロア-】
展示ケース
番号 展示
期間
作品名 筆者/成立年代 所蔵機関
7   乙瑛碑 後漢・永興元年(153) 台東区立書道博物館
8   礼器碑 後漢・永寿2年(156) 台東区立書道博物館
9   孔宙碑 後漢・延熹7年(164) 台東区立書道博物館
10   孔宙碑 後漢・延熹7年(164) 台東区立書道博物館
11   史晨碑 後漢・建寧2年(169) 台東区立書道博物館
12   西狭頌 後漢・建寧4年(171) 台東区立書道博物館
13   西狭頌 後漢・建寧4年(171) 台東区立書道博物館
14   張遷碑 後漢・中平3年(186) 台東区立書道博物館

【2F 第2展示フロア-】
番号 展示
期間
作品名 筆者/成立年代 所蔵機関
15 楽毅論 王羲之(303?~361?) 筆
東晋・永和4年(348)
台東区立書道博物館
16 黄庭経 王羲之 筆
東晋・永和12年(356)
台東区立書道博物館
17 前期展示 定武蘭亭序(呉炳本) 王羲之 筆
東晋・永和9年(353)
東京国立博物館
18 前期展示 定武蘭亭序(許彦先本) 王羲之 筆
東晋・永和9年(353)
東京国立博物館
19 前期展示 定武蘭亭序(韓珠船本) 王羲之 筆
東晋・永和9年(353)
台東区立書道博物館
20 後期展示 定武蘭亭序(国学本) 王羲之 筆
東晋・永和9年(353)
台東区立書道博物館
21 十七帖(上野本)
3月15日(火)~3月21日(月)のみの展示となります。
王羲之 筆
東晋(4世紀)
京都国立博物館
22 前期展示 十七帖(欠十七行本) 王羲之 筆
東晋(4世紀)
台東区立書道博物館
23 前期展示 十七帖(王穉登本) 王羲之 筆
東晋(4世紀)
台東区立書道博物館
24 十七帖(賀監本) 王羲之 筆
東晋(4世紀)
台東区立書道博物館
25 洛神賦 王献之(344〜388) 筆
東晋(4世紀)
台東区立書道博物館
26 洛神賦 王献之(344〜388) 筆 台東区立書道博物館
27 真草千字文 智永(陳〜隋・6〜7世紀頃) 筆
陳〜隋(6〜7世紀)
台東区立書道博物館
28   書譜(天津本) 孫過庭(唐・7世紀頃) 筆
唐・垂拱3年(687)
台東区立書道博物館
天津本:安岐(1683〜?) 作
清・康熙45年(1706)
29 前期展示 集王聖教序 王羲之 筆 台東区立書道博物館
懐仁(唐・7世紀頃) 集字
唐・咸亨3年(672)
30 前期展示 興福寺断碑 王羲之 筆 台東区立書道博物館
大雅(唐・8世紀頃) 集字
唐・開元9年(721)
31 後期展示 鼎帖 張斛(南宋・12世紀頃) 編
南宋・紹興11年(1141)
台東区立書道博物館

【2F 特別展示室】
番号 展示
期間
作品名 筆者/成立年代 所蔵機関
32 前期展示 化度寺碑(慶暦本) 欧陽詢(557〜641) 筆
唐・貞観5年(631)
三井記念美術館
33 前期展示 九成宮醴泉銘(海内第一本) 欧陽詢 筆
唐・貞観6年(632)
三井記念美術館
34 九成宮醴泉銘 欧陽詢 筆
唐・貞観6年(632)
台東区立書道博物館
35 前期展示 温彦博碑 欧陽詢 筆
唐・貞観11年(637)
台東区立書道博物館
36 前期展示 皇甫誕碑 欧陽詢 筆
唐・貞観年間(627〜649)
台東区立書道博物館
37 後期展示 晋祠銘 唐太宗(598〜649) 筆
唐・貞観20年(646)
台東区立書道博物館
38 後期展示 雁塔聖教序 褚遂良(596〜658) 筆
唐・永徽4年(653)
台東区立書道博物館
39 後期展示 多宝塔碑 顔真卿(709〜785) 筆
唐・天宝11載(752)
台東区立書道博物館
40 後期展示 争坐位稿 顔真卿 筆
唐・広徳2年(764)
台東区立書道博物館
41 後期展示 顔氏家廟碑 顔真卿 筆
唐・建中元年(780)
台東区立書道博物館

【2F 中村不折記念室】
番号 展示
期間
作品名 筆者/成立年代 所蔵機関
42 石鼓文(先鋒本) 戦国(前5〜前4世紀頃) 三井記念美術館
43 石鼓文(中権本) 戦国(前5〜前4世紀頃) 三井記念美術館
44 石鼓文(後勁本) 戦国(前5〜前4世紀頃) 三井記念美術館
45 石鼓文(安国第三本) 戦国(前5〜前4世紀頃) 三井記念美術館
46 石鼓文(安国本) 戦国(前5〜前4世紀頃) 台東区立書道博物館
47 泰山刻石(百六十五字本) 李斯(?〜前208) 筆
秦(前219)
台東区立書道博物館
48 泰山刻石(五十三字本) 李斯 筆
秦(前219)
三井記念美術館
49 泰山刻石(二十九字本) 李斯 筆
秦(前219)
台東区立書道博物館
50 泰山刻石(十字本) 李斯 筆
秦(前219)
台東区立書道博物館
51 後期展示 西嶽華山廟碑(順徳本) 後漢・延熹8年(165) 香港中文大学文物館
52 後期展示 西嶽華山廟碑(長垣本) 後漢・延熹8年(165) 台東区立書道博物館
53 後期展示 夏承碑 後漢・建寧3年(170) 香港中文大学文物館
54 後期展示 夏承碑 後漢・建寧3年(170) 台東区立書道博物館
55 後期展示 曹全碑 後漢・中平2年(185) 三井記念美術館
56 後期展示 曹全碑 後漢・中平2年(185) 台東区立書道博物館
57 前期展示 始平公造像記 北魏・太和22年(498) 台東区立書道博物館
58 前期展示 孫秋生造像記 北魏・景明3年(502) 台東区立書道博物館
59 前期展示 魏霊蔵造像記 北魏・景明年間(500〜503) 台東区立書道博物館
60 前期展示 楊大眼造像記 北魏・景明元年(500)頃 台東区立書道博物館
61 張猛龍碑 北魏・正光3年(522) 台東区立書道博物館
62 房玄齢碑 褚遂良(596〜658) 筆
唐・貞観23年〜永徽6年(649〜655)
台東区立書道博物館
63 涅槃経碑 薛稷(649〜713) 筆
唐(8世紀)
台東区立書道博物館
64 淳化閣帖(夾雪本)
後期は第2展示フロアーに展示します。
王著(北宋・10世紀頃) 編
北宋・淳化3年(992)
台東区立書道博物館
65 絳帖(宋拓)
後期は第2展示フロアーに展示します。
潘師旦(北宋・11世紀頃) 編
北宋(11世紀頃)
台東区立書道博物館
66 停雲館帖
後期は第2展示フロアーに展示します。
文徴明(1470〜1559) 編
明(16世紀)
台東区立書道博物館
67 戯鴻堂帖
後期は第2展示フロアーに展示します。
董其昌(1555〜1636) 編
明(17世紀)
台東区立書道博物館
68 三希堂帖 乾隆帝(1711〜1799) 編
清・乾隆12年(1747)
台東区立書道博物館
69 欽定重刻淳化閣帖 乾隆帝 編
清・乾隆34年(1769)
台東区立書道博物館

ギャラリートーク(展示解説)
日時 第1回:平成23年3月27日(日) 14時〜
第2回:平成23年3月29日(火) 11時〜
第3回:平成23年4月23日(土) 11時〜、 14時〜
定員 事前申込制で各回20名(希望者多数の場合は抽選)
申込方法 官製往復はがきの「往信用裏面」に、郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、年齢、希望日時を、「返信用表面」に郵便番号、住所、氏名を明記して下記までお申込下さい。
はがき1通につき1名の申込みとなります。聴講無料。ただし入館料は必要です。
申込先 〒110-0003 台東区根岸2-10-4
台東区立書道博物館 「ギャラリートーク」係まで
締切 第1回・第2回:平成23年3月18日(金)必着
第3回:平成23年4月12日(火)必着

キッズセミナー「漢字のいろいろ」  小・中学生対象のギャラリートークです。
日時 平成23年4月3日(日) 11時〜
定員 事前申込制で各回20名(希望者多数の場合は抽選)
申込方法 官製往復はがきの「往信用裏面」に、郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、年齢を、「返信用表面」に郵便番号、住所、氏名を明記して下記までお申込下さい。
はがき1通につき1名の申込みとなります。聴講無料。ただし入館料は必要です。
申込先 〒110-0003 台東区根岸2-10-4
台東区立書道博物館 「キッズセミナー」係まで
締切 平成23年3月23日(水)必着

ワークショップ「拓本に挑戦!」
日時 3月27日(日)、3月29日(火)、4月3日(日)、4月23日(土)
いずれも開館時間中随時
参加費無料、ただし当日の入館料が必要です。

東京国立博物館

講演会「中国古代の碑帖に関する研究と鑑定方法について~自らの経験をふまえて~」

※中止になりました。


香港中文大学文物館館長 林業強氏(Mr.Peter Y.K.Lam)

日時 3月19日(土)13:30〜15:00(開場13:00)
会場 東京国立博物館 平成館大講堂
定員 380名(当日先着順)
後援 書学書道史学会
  ※聴講無料、ただし当日の入館料は必要です。

列品解説「拓本とその流転」


香東京国立博物館調査研究課長 富田淳

日時 3月29日(火)14:00〜
会場 東京国立博物館 平成館企画展示室
  ※事前申込不要、聴講無料。ただし当日の入館料は必要です。


メニュー

閉じる