旧東京音楽学校奏楽堂きゅうとうきょうおんがくがっこうそうがくどうについて

奏楽堂外観

 旧東京音楽学校奏楽堂きゅうとうきょうおんがくがっこうそうがくどう東京音楽学校とうきょうおんがくがっこう(げん東京藝術大学音楽学部とうきょうげいじゅつだいがくおんがくぶ)のなかにあった建物たてもので、明治めいじ23ねんてられました。昭和しょうわ62ねん現在げんざいうつされ、だれでも見学けんがくできるようになりました。現在げんざいは、建物たてもの補強ほきょうする工事こうじおこなっているため、休館きゅうかんしています。


音楽ホール

 当館とうかんの2かいにあるホールは、日本にほん一番いちばんふる洋式ようしき音楽おんがくホールです。
はな」や「荒城こうじょうつき」を作曲さっきょくした瀧廉太郎たきれんたろうや、「あかとんぼ」や「からたちのはな」を作曲さっきょくした山田耕筰やまだこうさくも、東京音楽学校とうきょうおんがくがっこう学生がくせいとして、この奏楽堂そうがくどう演奏えんそうしました。


パイプオルガン

 舞台中央ぶたいちゅうおうにあるパイプオルガンは、大正たいしょう9ねん音楽おんがく大好だいすきだった徳川頼貞侯とくがわよりさだこうが、イギリスからせたもので、昭和しょうわ3ねん東京音楽学校とうきょうおんがくがっこうおくられました。「ニューマティックアクション」とばれる空気圧くうきあつ利用りようする仕組しくみでおとします。90年以上ねんいじょうったいまでも演奏えんそうすることができ、あかるくやわらかい音色ねいろ特徴とくちょうです。


工事中こうじちゅうのため、現在げんざい休館中きゅうかんちゅうです。


メニュー

閉じる