パイプオルガンについて

 舞台正面のパイプオルガンは、大正9年(1920)に徳川頼貞侯がイギリスから購入し、昭和3年(1928)に東京音楽学校へ寄贈したものです。パイプの数は1,379本あります。現在では珍しい空気式アクション機構(ニューマティックアクション)を有し、コンサート用としては日本最古のパイプオルガンです。現在でも、その演奏を聴くことができます。

※建物の保存活用工事に伴い、パイプオルガンも修復中です。

メーカー アボット・スミス社(イギリス)
演奏台 3段手鍵盤、足鍵盤
ストップ数 26ストップ [ストップリスト]
パイプ数 1,379本

  • 旧東京音楽学校奏楽堂パイプオルガン
  • コンソール(演奏台)パイプオルガン


メニュー

閉じる