●企画展

池波作品の舞台は今!「鬼平犯科帳」

2018年9月21日(金)~12月19日(水)

池波作品で描かれている舞台、その現在を

写真で紹介するシリーズの企画展。

今回は「鬼平犯科帳」をとりあげます。


江戸城・清水門 長谷川平蔵の役宅

本所・法恩寺

浅草・今戸橋

築地の海・石川島

浅草・御厩河岸

池上・本門寺の石段

京都・白川橋

京都・愛宕社一ノ鳥居(平野や)




これまでの企画展・2015~2018

時代小説展
幕末のヒーローたち

2018年5月18日(金)~9月19日(水)

大正、昭和、平成を通して幕末のヒーローたちを描いた
歴史・時代小説の名作90作を展示紹介しています。


池波正太郎自筆原稿展

2018年3月16日(金)~5月16日(水)
作家の遺産とも言える自筆原稿。
記念文庫が所蔵する作品から今回は38点を展示します。
第1期3月16日~4月18日、第2期4月20日~5月16日
で作品が入れ替わります。

自筆絵画展
池波正太郎が描いた挿画


2017年12月22日(金)~2018年3月14日(水)
絵画作品も数多く残した池波正太郎。
晩年にはエッセイや画文集の挿画、
小説の挿絵も描いています。
残された原画の中から、今回は16点を展示します

池波作品の舞台は今!「夜の戦士」

2017年10月20日(金)~12月20日(水)
戦国の世、青年忍者丸子笹之助が駆け抜けた
近江、常陸、甲斐、信濃、駿河、遠江、三河
池波正太郎の長篇忍者小説第一作「夜の戦士」
主な舞台の現在の様子を写真で紹介。

中一弥 挿絵原画展

2017年6月16日(金)~10月18日(水)
池波正太郎作品の挿絵を描き続けた、挿絵画家・中一弥
(なかかずや)氏は、平成27年10月27日に104歳の天寿
を全うし逝去されました。この程、ご遺族から残された多数
の挿絵原画が、池波正太郎記念文庫に寄贈されました。
今回は、寄贈作品の中から32点を展示公開します。   

時代小説展 忍者もの

2017年3月17日(金)~6月11日(日)

池波正太郎「夜の戦士」、司馬遼太郎「風神の門」、柴田
錬三郎「赤い影法師」、村山知義「真田忍者群」など、 歴
史の裏側で活躍した忍者たちを描いた作品。大正、昭和
平成の今日までの、歴代の名作90作を展示紹介します。


自筆絵画展
池波正太郎が描いた動物たち

2016年12月16日(金)~2017年3月15日(水)

小説執筆の合間に多くの絵を描いた池波正太郎。主に
風景画や人物画が多かったのですが、自宅でも可愛が
っていた猫や犬、さらには馬、リス、鴨などの動物たちも
多く描いています。今回は18点の原画を展示公開します。

池波正太郎記念文庫・池波正太郎真田太平記館
姉妹館提携10周年記念
池波作品の舞台は今!「真田太平記」


2016年9月16日(金)~12月14日(水)

美濃(岐阜)、山城(京都)、摂津(大阪)、紀伊(和歌山)
の主な舞台、その現在を写真で紹介します。


時代小説展
真田を描いた作品と資料展


2016年7月22日(金)~9月14日(水)

信州・真田家を描いた時代・歴史小説。池波正太郎の「真田太平記」ほか大正から平成まで、歴代の名作60点を紹介します。 池波正太郎が執筆時に参考とした資料書籍も併せて展示しています。


池波正太郎 自筆原稿展


2016年5月20日(金)~7月20日(水)

「鬼平犯科帳」「剣客商売」「仕掛人・藤枝梅安

「原っぱ」「日曜日の万年筆」「錯乱」ほか


追悼 中一弥 挿絵原画展

2016年3月18日(金)~5月18日(水
)

3月18日~4月20日
「鬼平犯科帳」「剣客商売」「仕掛人・藤枝梅安」

4月22日~5月18日
「近藤勇白書」「雲霧仁左衛門」「おれの足音」ほか


池波正太郎自筆絵画展
ヨーロッパの風景


2015年12月18日(金)~2016年3月16日(水)

フランスほかヨーロッパ各地をたびたび訪れた池波正太郎
旅で見た思い出の風景を描いた水彩画16点を展示公開。


池波作品の舞台は今!
「真田太平記


2015年10月16日(金)~12月16日(水)

甲斐(山梨)、信濃(長野)、上野(群馬)、下野(栃木)
の主な舞台、その現在を写真で紹介。



時代小説展
時代小説のヒロインたち

2015年7月17日(金)~10月14日(水)

古代から明治まで女性たちが主人公となった
歴史・時代小説、
歴代の名作140冊を展示紹介。


風間 完 挿絵原画展
「真田太平記」

2015年3月20日(金)~7月15日(水)

池波正太郎が9年間にわたって執筆した「真田太平記」

全449回の挿絵を描いた、画家・風間完氏の挿絵原画、

池波正太郎真田太平記館所蔵の作品を展示公開。