白竹投入華籃

白竹投入華籃

朝倉文夫は生前多くの美術品・工芸品を蒐集していました。「竹」は朝倉の故郷大分県でも自生しており幼いころから慣れ親しんだ素材です。竹の産地では、優れた竹工芸作家が生まれ、銘品を生み出します。 この華籃は、朝倉と同じ大分県生まれの竹工芸家 生野祥雲斎の作品です。

撮影:矢澤一之


メニュー

閉じる